自宅住まいを続けるか、施設入居を検討するか、迷う健康な高齢者

健康を損わないような生活を送る事が大事です

昔の我が国はモノが乏しく、色々と不便を強いられる事が良くありました。ですが今では逆にモノがあふれるようになり、不自由を感じる事は無くなりました。しかしその一方で、健康を損ね易い傾向になってしまったといえます。モノがあふれるようになり、食べたいものが食べたい時にいつでもいくらでも食べられるようになりました。それによってカロリーや糖分を取りすぎてしまう傾向が強くなり、健康を維持する事が難しくなって来ています。更に自動車やエレベーターなどの輸送機械の発達により、私たちは運動不足気味になってしまい、それも健康を損ねる原因となってしまっています。

このままでは国民の多くが病気になり易くなってしまいますから、意識改革をする必要性があると思われます。自分の健康は自分が守るという意識を強く持たせるようにすれば、国民一人一人が健康意識を高めるようになり、医療費の削減につながる事になります。ただでさえ我が国は高齢化社会が進み、お年寄りの人口がこれから増え続ける事になる見込みです。このままでは医療費がどんどん増え続ける事になりますから、今の内から国民一人一人に健康意識を植え付けていくのが良いと思います。高齢者の全てが健康で長生きできるように、国を上げて国民の健康意識を高揚させる事が大事です。

ATCg